真夏の鹿児島でショア真鯛を狙う。

2019.08.16金曜日、大潮。ここ鹿児島では、ノロノロと動いていた台風10号の影響もようやく去って、やっと釣りに行ける天候になりました。

昨日は、夕食後ゴロゴロしていたらいつの間にか寝てしまっていて、起きると夜中の3時。これは明け方から釣りに行け!という天の思召しということにして、夜明けの5時30分頃から釣りに行ってきました。

5:30 瀬渡しの堤防と同じくらいの位置から投げられるポイントへ。

鹿児島市内をよくご存知の方は知っていると思いますが、鹿児島市内には瀬渡し可能な沖堤防が複数あります。その沖堤防と同じくらいの位置まで伸びている公園?的な釣りができるポイントへ。

このポイントは、足場がしっかりしているので釣り人も多い印象なので普段はあまり行かないのですが、時間も時間なので行ってみることにしました。

沖堤防近くまで行けるということもあり、それなりの水深(20m前後?)があり、底は砂地、潮通しもかなりいいという条件。

きっと真鯛も期待できるはず。

ベイトは結構いる

わからないことも多いポイントということもあり、まずは8gのしらすジグで広範囲に探ってみることに。

目視できる範囲では、表層から50cm程度のあたりにそれなりにベイトがいる模様。表層付近から中層〜ボトムまでをまずはただ巻き+フォールで探っていく。

満潮まで2時間ほどの時間でしたが、意外と流れはゆるい印象でそんなにジグに潮の重みを感じない。そこで、潮にルアーを流すだけでなく、時折ジャークを入れてみることに。

何度かジャークを入れていると少し違和感を感じる。ジグのフックに糸が絡まったのかと思い、巻き上げてみると上がってきたのがこれ。

イワシか何か?ベイトが引っかかってました。正式な魚の名前はわかりませんが、一応マッチザベイトになってる!ということでしばらく探ってみるも反応はなし。

その後、さらに潮が緩んできたので、4gのジグヘッド(虫ヘッド)+スクリューテールグラブ2.5インチで表層から中層を探る。1度だけ後ろに魚が付いてきているのを確認できたのですが食わせることはできず。

そしてさらにスローに探るために3.5gのスプーンへ変更してみるもこちらも反応はなし。

釣果は出ませんでしたが、今日はまだまだ釣りに行けるチャンスもあり、潮止まりというのもありで朝の部は7:00頃に一旦終了としました。

15:30 与次郎のテトラでショア真鯛を狙う

午後の部は与次郎のテトラ帯へ行ってみることにしました。
ここのポイントにいくときに通る橋があるのですが、橋の上からみる景色はいつもワクワクさせてくれます。桜島も綺麗。市内の方への景色も素敵です。いつ見てもいいなーと思う場所の一つです。

潮は上げのタイミング。こちらのポイントは沖は15-20m程度は水深があり、潮通しはとてもいい場所。テトラブロック以外はポイントらしいポイントは見当たらず、たまに藻などもみられるので、潮の流れから地形や潮のぶつかっている場所などを探してランガンしていくことにした。

写真は甲突川からの流れ込み部分。干潮というのもあり、浅場と深場がはっきりとわかる。底は砂地っぽいですね。

狙いは真鯛というのもあり、河口付近からは少し離れた水深がありそうなポイントからスタートすることにした。前日に少し雨が振りましたが水に濁りはなく、とても綺麗。

とりあえず、サーチベイトとして、8gのしらすジグ。まだ日中というのもあり、目視できる範囲では表層でボイルやナブラなどもなかったので表層から少し沈めたラインから徐々にボトムまで探っていく。

なかなかアタリも得られずで、少しずつ場所を移動しながらキャストを繰り返していく。

手前のテトラ付近でフォール後の最初のしゃくりの際にバイト。上がってきたのがこちら。

狙いとは違うけれど、やっぱり釣れると嬉しいですね!サイズ的に小ぶりだったのでこちらはリリース。ハタ系の魚はなかなかの小さくても結構な力があるので面白い。

この後、もっと大きめの魚をかけたのですが、ファイトの末、テトラに擦ってしまいラインブレイク。引き的におそらくハタ系。

釣りに通うようになって思うのですが、魚にルアーがかかった状態でのラインブレイクは残念というより、申し訳ないという気持ちの方が・・・

ここのポイントに来るときは、今使っているライトタックルより少し上(エギングタックルとか)の装備の方が良さそう。

海釣り公園まで行ってから少し戻ったあたりで待望の一匹をゲット。

チャリコサイズですが、狙い通り!
ルアーをボトムまで落とした後、持ち上げては落とす程度のロッドアクションで引いてきて、時折大きめのしゃくりの後潮に流す感じの攻め方でのヒットでした。バイトのタイミングは、しゃくりあげてからの流している時。

目指すは30-40cm、それ以上のサイズの真鯛。
まだまだ頑張ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です